ショッピングカートを見る
売れ筋商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
おかげさまで開店14周年
店長の徳永愛子です。
かわいい子供服に乗せて、幸せをお届けします。

ボストンより子育て事情、そしてお店の情報をフェイスブックでご紹介
インフォメーション
rss atom

** 出産祝いの際のサイズ選び **

 

POINT 1:カバーオールは、小さいころ(3Mや6M)に活躍します。

お座りのできる5、6ヶ月を過ぎますとカバーオールでお出かけするのは、パジャマのよう??

6、9ヶ月サイズでは、上下分かれたものを贈るのもいいでしょう。

 

POINT 2:店長・徳永の個人的な意見ですが、

贈るサイズは、日本にあまりない3Mや6Mのカバーオール。生まれたては、やはりかわいくしたいもの。

もしくは、12Mか18Mでしょうか。この頃は、着るものに文句を言いませんので、親の着せ替え人形のよう。

帽子や靴など頭からつま先までかわいくできます。お出かけも増えますしね。

更に言うなら、12Mサイズ〜はとっても長く着れます。

すぐに大きくなってしまう赤ちゃんですが、2、3シーズン着れる物もたくさん出てきます。

 

POINT 3:これもまた私の勝手な意見ですが、あまり大きなサイズはどうかと思います。

いただいてから1年以上経ってしまうと誰でも忘れてしまうからです。

”大きくなってから着せるからしまっておこう”と思いますが、気がついたときにはサイズアウト!!よくあります。

または、1歳半くらいから自我がでてきますので、これは嫌、あれは嫌なんて言われたりして。

 

POINT 4:帽子、靴、靴下、ブランケット、ビブなどは、何枚あってもいいので、喜ばれるギフトだと思います。

 

 

参考にしていただけると幸いです。